寄付 寄附 募金 団体 アメリカ

アメリカへの寄付・募金を受け付けている団体

超大国アメリカ。TVでニューヨークやロサンゼルス、シカゴなど、華やかな画面がディスプレイを飾ります。

 

しかしその反面、 富裕層と貧困層の経済格差が問題になっています。

 

特に人種差別は明らかな問題で、白人より黒人の失業率が高くなっています。

 

こうした子供たちは十分な教育を受けることなく、幼くして働いたり、親からの虐待の対象になったりすることがあります。

 

このような現状を改善する為、「セーブ・ザ・チルドレン」ではアメリカにおいて、政府をはじめとする様々な関係機関と連携し、啓発、政策提言、子どもとその家庭への支援プログラム等の活動を行っています。

 

寄付は、寄付金の形で受け付けています。

 

「セーブ・ザ・チルドレン」

URL : http://www.savechildren.or.jp/ers/soap/index.html

 

首都マナグアで薬物や暴力団などの危険から子どもたちを守るため、成人ボランティアの育成に取り組んでいます。

 

例えば、ある地区の30人の子どもたちが、ちゃんと毎日学校に通っているか、病気のときは病院に行ったかなど、親に代わって気を配ります。

 

子供も一人の人間であることを、親に分かってもらうことに注力しています。寄付は、寄付金の形で受け付けています。

寄付の総合情報

<スポンサードリンク>

アメリカへの寄付・募金を受け付けている団体関連ページ

ワクチン
世界では、5歳までに年間150万人の命がワクチンで防げるはずの病気で奪われています。物資による支援は様々な団体から行っています。具体な支援物資は使用済み切手や書き損じハガキなど、我々にとってはゴミにしかならないものでも、寄付することでワクチン購入の資金となります。
アフリカ
寄付をしたいけど、具体的にどうしたらいいのか分からない場合が多いですよね。ワクチンの寄付やユニセフ、ユネスコといった特定の団体、カンボジア、アフリカなど特定の国への寄付・募金情報を掲載しています
カンボジア
カンボジアへの寄付・募金を受け付けている団体についての情報を掲載しています。カンボジアは東南アジアに位置する、世界で最も貧しい国の一つです。慢性的な教育不足状態です。
日本ユニセフ協会
日本ユニセフ協会への募金方法と窓口についての情報を掲載しています。ユニセフの年間活動費の約3割は、世界各国の民間からの募金でまかなわれています。募金方法は郵便局、クレジットカード、インターネットバンキング、コンビニエンスストア、電子マネーで受け付けています。支援したい活動ごとに窓口が異なりますので、事前にHPでよくご確認されることをお勧めします。
ユネスコ
ユネスコへの寄付・募金方法と窓口についての情報を掲載しています。ユネスコは教育、科学、文化、コミュニケーションの分野で国際協力を進め、平和のとりでを築く活動をしています。

トップページ 品目ごとの寄付方法 特定の国、団体への寄付・募金情報 日本国内への寄付・募金の方法