寄付 寄附 募金 団体 カンボジア

カンボジアへの寄付・募金を受け付けている団体

カンボジアは東南アジアに位置する、世界で最も貧しい国の一つです。

 

人口のおよそ半分が18歳以下の青少年であるに関わらず、日々を農業に費やし(人口のおよそ80%が農村部に住んでいる)、慢性的な教育不足状態にあることです。

 

教育が不足すると将来的に就業につけなかったり、性教育が不十分だと望まれない妊娠が発生したり、子供の売買問題が起こるなどの問題が起こります。

 

現在、約30,000円で1人の子供が売られていく現実があります。

 

良い仕事があるからと騙されるケースもありますが、家庭の貧困問題を解決する為、親に売られたり、自ら売られていく子供たちもいます。

 

 

「プラン・ジャパン」

URL : http://www.plan-japan.org/country/cop_camb.html

 

プラン・ジャパンでは教育に力を入れた活動を行っています。

 

1.乳幼児保育。幼稚園の建設や教師の能力開発、衛生教育の推進を通じ、幼稚園と地域を中心とした質の高い乳幼児保育を目指しています。また、保護者を支援するグループの形成やその強化を行い、親業教育を推進します。

 

2.初等教育の質の向上。学習・指導用教材の支給や、社会的に最も弱い立場にある子どもたちへの奨学金提供、学校内の水・衛生設備の改善等を通じ、初等教育の質の向上に力を入れています。

 

3.青少年の育成。社会的・経済的に困難な状況にある青年を対象に、雇用市場に合わせた職業訓練への参加を促進しています。また、女性をはじめ社会的に弱い立場にある若者たちが緊急時に対応できるような能力開発に力を入れています。

 

 

「(NPO法人)かものはしプロジェクト」

URL : https://www.kamonohashi-project.net/

 

(NPO法人)かものはしプロジェクトでは、子供たちが売られるのを防ぐ為、募金を募っています。

寄付の総合情報

<スポンサードリンク>

カンボジアへの寄付・募金を受け付けている団体関連ページ

ワクチン
世界では、5歳までに年間150万人の命がワクチンで防げるはずの病気で奪われています。物資による支援は様々な団体から行っています。具体な支援物資は使用済み切手や書き損じハガキなど、我々にとってはゴミにしかならないものでも、寄付することでワクチン購入の資金となります。
アフリカ
寄付をしたいけど、具体的にどうしたらいいのか分からない場合が多いですよね。ワクチンの寄付やユニセフ、ユネスコといった特定の団体、カンボジア、アフリカなど特定の国への寄付・募金情報を掲載しています
アメリカ
アメリカでは富裕層と貧困層の経済格差が問題になっています。特に人種差別は明らかな問題で、白人より黒人の失業率が高くなっています。こうした子供たちは十分な教育を受けることなく、幼くして働いたり、親からの虐待の対象になったりすることがあります。
日本ユニセフ協会
日本ユニセフ協会への募金方法と窓口についての情報を掲載しています。ユニセフの年間活動費の約3割は、世界各国の民間からの募金でまかなわれています。募金方法は郵便局、クレジットカード、インターネットバンキング、コンビニエンスストア、電子マネーで受け付けています。支援したい活動ごとに窓口が異なりますので、事前にHPでよくご確認されることをお勧めします。
ユネスコ
ユネスコへの寄付・募金方法と窓口についての情報を掲載しています。ユネスコは教育、科学、文化、コミュニケーションの分野で国際協力を進め、平和のとりでを築く活動をしています。

トップページ 品目ごとの寄付方法 特定の国、団体への寄付・募金情報 日本国内への寄付・募金の方法